農地転用について

農地転用について

‣ 農地転用とは?

 農地転用とは,農地(畑・田)を,農地以外の土地(住宅・店舗・駐車場・資材置場など)に変更して利用することです。我が国は国土が狭く、人々が生活することのできる土地には限りがあります。そのため、国土を効率よく合理的に利用することが重要な課題となっております。このような中で農地は国民の食生活を支えるうえで重要な資源であり,農地を守っていくことは国の重要な施策の一つです。

 そこで農地法は,限られた国土の中で優良な農地を確保しながら,住宅地などの農地ではない土地活用への要請と調整を図るため,農地の勝手な使用目的の変更を禁止するとともに,転用をする場合には許可を受けなければならないと定められています

‣ 農地転用はいつ必要?

農地転用は

□ 農地を宅地にしたい

□ 農地にお店を建てたい

□ 農地を資材置場にしたい

□ 農地を駐車場にしたい

など,農地以外の目的で利用したい場合に必要になります。

‣ 農地の定義について

農地法により農地とは,「耕作の目的に供される土地」と定義されています。

具体的には,

  • 登記簿上の地目が、田や畑となっている土地
  • 地目が田や畑ではなくとも,現在耕作が行われている土地

が農地と定義されています。

なお,登記上の地目が田や畑であれば,現在耕作が行われていなくても農地という扱いになります。

‣ 農地転用許可の区分